日本画・彫刻文化財の
保存修復の研究助成
実績一覧Research promotion results

令和元年度助成対象者(個人)

研究者 所属大学院名 職名等 研究課題
重松 優志 東京藝術大学大学院 博士課程 3年 東大寺法華堂執金剛神立像の模刻制作を通した
奈良時代塑像の構造・技法研究
谷津 有紀 東京藝術大学大学院 博士後期課程 3年 河鍋暁斎の絵画表現諭
~「龍頭観音図下絵」(河鍋暁斎記念美術館蔵)の図像に
基づく技法再現模写制作の実践を通して~
鈴木 七実 東京藝術大学大学院 博士後期課程 1年 作り物語における画面形式の変化に関する研究
大和 あすか 東京藝術大学大学院 教育研究助手 錦絵の豪華摺に用いられた摺彫技巧と
彩色材料に関する研究
-鉛丹の変色技法の検証を中心に-
郝 玉墨 東京藝術大学大学院 博士課程3年 近代日本美人画と現代中国工筆人物画の比較研究
-鏑木清方「春雪」と何家英「繍女」の模写を通して-
坂本 英駿 金沢美術工芸大学大学院 博士後期課程 2年 仁和寺所蔵国宝「孔雀明王像」の再現模写に関する研究
~絵画表現、特に構図と、空間表現について~
石倉 茉歩 愛知県立芸術大学大学院 博士後期課程 1年 「吉備大臣入唐絵巻」の復元摸写と熟紙加工研究
-本紙の光沢再現による鑑賞性の復元-
王 杰 京都市立芸術大学大学院 博士後期課程 2年 麦積山石窟壁画第127窟壁画の復元研究
小林 百代 東京藝術大学大学院 修士課程 2年 3D撮影計測を用いた模刻像制作による
康俊の制作技法と造形に関する研究
-アメリカボストン美術館僧形八幡神坐像模刻制作-
李 品誼 東京藝術大学大学院 博士課程 2年 院政期における造像工程の変更及び造形の改変(仮)
-山形県本山慈恩寺釈迦如来坐像
及び諸尊像の模刻制作を通して-